読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

父はどこへ行く

父の子育てとは何するんだろうか?一太郎一姫を相手に只今迷走中

そんなん求めてない

季節柄か鼻水とかヨダレがそこそこある長男。

特にヨダレは2歳になってからも治まらんで、上着とかは常に濡れてシミが残る程。

どっか体の調子が悪いんかと心配だったけど、特に問題はない様子。

むしろ、虫歯菌の心配がなく良いことらしい。

で、今回は長男のヨダレの話。

 

父が風呂入れて、長男の体拭いて自分も拭いて、風呂場から全裸で立ち去ろうと長男を抱えあげた瞬間。

 

ヌル…。

 

肩にまとわりつくこの感覚。

 

柔らかく生温いこの感じ。

 

確信に近い思いで、恐る恐る確認してみると…。

やっぱりお前のヨダレかー!

それはそれは楽しそうに、父の肩にヨダレを刷り込んでおられました。

 

もうね、右肩ベチョベチョ。

湯上がりに体拭いた意味ない、ホンマに。

息子のヨダレにまみれて喜ぶ親父はいません。

 

心底楽しそうな長男にこしょこしょの制裁を与えると、さらに楽しそうでした。

子供の感覚って面白いなー。

右肩を代償に、長男の良い笑顔が見れて今日も幸せを感じました。

右肩ふやけたら、どないしよ。

まんまいさん、あんあん

神社や仏壇、拝む所では

「まんまいさん、あんあん」

と手を合わせて唱える長男。


f:id:paapap:20170309230639j:image

信心深いんも面白いんやけど、1つ不思議なことがある。

 

ありがたそうな水を見つけると必ず拝む。

生活感のある水には興味ないみたい。

父的には、水って命を生かしたり奪ったりするもんで、妙な生命感を感じたりする。

生きた水とか、死んだ水とか表現もされるし。

 

子供には何か宿っとるもんでも見えるんかな?

いつもほんなことを考えてワクワクする父でした。

えっ、ほんなん食べても良いん?

最近長男がハマっとる…

「痛いの、痛いの…、あっち行け!」

って台詞。

実際、何かの拍子で痛い想いをしとるんやけど、大人がほんなことを言よったら自然と覚えたらしい。

ほんでどっかに向かって痛い何かを放り投げるんやけど、毎回放り投げた何かを拾ってから

「パクっ」

って台詞付きで食べる長男(笑)

お腹壊しそう…。

食べたら痛みはなくなるらしく、ケロっとしとる(笑)

 

親に向かって放り投げる時もあって、こっちが親切心?で痛がったら大爆笑。

おい!

でも、ほの後は必ず

「パクっ。食べたけんもう痛くないよ。」

ってフォローしてくれる。

可愛いなー。

初節句と男二人旅②

節句のお祝いは昼からだったけん、長男と早朝から男2人の電車旅へ。

車社会の地元では、電車に乗るんは飲みに行く時位。

父の方が浮かれ気味。

 

とりあえず10分ぐらいの2駅先まで行ってみる。

電車の中でどんな反応をするか楽しみにしとったのに、長男は終始無言。

真剣に満喫しよった様子。

 

目的の駅についたら、女性駅員さんが

「いやー、可愛い子やなー!」

から始まり

アンパンマンのカレンダーがまだあるのでいりませんか?」

と聞かれたけん、素直に頂きました。

可愛いって得やな(笑)

初節句と男二人旅①

先週末は長女の初節句だった。

親戚に集まってもらって、皆でお寿司でお祝い。

長女はタライ回しに抱かれてお疲れ気味。

ほらほーなるわな。

お疲れ様さん。

長男は長女に人気の座を奪われて拗ねた。

まぁ、しゃーないよね(笑)

最終的には皆でワイワイと楽しい思い出になって良かった。

 

お雛様って7段飾りとかのイメージが強かったんやけど、最近は収納と台座を兼ねた箱形も人気みたいやな。

色味も現代風から古典タイプまであって、伝統文化も時代に合わせて進化しよんやなー、と妙に感心したな。

みわさん

2人目が生まれて1ヶ月。

やっとリズムが掴めてきた。

ちょこちょこブログ再開しよ。

 

今朝の長男。

朝起きるやいなや

「お母さんどこ行ったん?うぇーん!」

と泣き出す。

朝からフルパワー!

母を発見して安心すると

「ご飯食べる、うぇーん!」

自由やな、こいつ。

 

朝食まで気を反らす為に、ベランダから一緒に外を眺めてみる。

外はうっすら青くなりだした位。

すると長男が

「みわさん居らんなー。」

ここで問題。

みわさんとは何でしょう?

ヒントはNHKEテレ

 

 

正解は、日本語で遊ぼうに出てくる太陽に扮した三輪明宏さん(笑)

長男は太陽の事をたまにそう呼びます。

父はEテレ好きです。

 

出たー!

長女誕生!

お疲れ様!

そしてありがとう!

皆頑張ったぞ!

 

続く