読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

父はどこへ行く

父の子育てとは何するんだろうか?一太郎一姫を相手に只今迷走中

掲げた拳の意味

父が密かに長男に教えてる事がある。

 

右手を握り締めて、勢い良く空へ向かって突き上げる。

突き上げた拳は即座に下ろし、再び拳を突き上げる。

拳と共に込み上げる声!

せーの!

「にーく!にーく!」

「すーし!すーし!」

 

父が昔、祖母に言うように教えられた言葉。

親戚が集まった時なんかに言わされた。

祖母に電話を掛けて従兄弟と一緒に

「ばあちゃん、皆で焼き肉(もしくは寿司)食べに行こう。ばあちゃんの奢りでいい?」

って連絡するんが子供の役目だったのだ!

当時はPHSが主流で、肉も寿司も今ほどリーズナブルじゃない時代。

食べ放題も100円寿司もない時代。

ばあちゃんバリバリのキャリアウーマンだったもんで、即OKが出てました(今も現役)。

 

妻は肉少量で満足するタイプで、焼肉屋に行くんは割に合わんらしく、家での焼き肉が殆ど。

寿司も肉も3人では満足行くように食べにくいっていうんも理由で

①座敷が無い

②レールやら七輪が怖い

③子供が食べるものの選択肢が少ない

とか色んな理由で遠ざかっとるんが現状。

でも爺婆が来てくれたら①②は緩和されて美味しく頂ける環境になる。

そして奢り。

 

婆から「今日のご飯なにが良い?」と聞かれた時に「にーく!にーく!」と言えるように日々練習中。

熱心に練習に取り組むその姿、可愛い。